Ikehaya-nft.eth

イケハヤです。

突然ですが、日本のNFT市場は……ものすごい小さいです。

CryptoNinjaは日本でもっとも取引されているNFTのひとつですが、取引量は7日間で60ETH程度にすぎません(miinさんのランキングより)。

海外は、7日間で10000ETHとか割と普通です。取引量(市場規模)の差は、ざっくり300倍くらいありそうですね

--

--

CryptoNinjaのイケハヤです。100ETH超えましたよ〜〜〜!

忍者のごとく走り回ってますよ、マジで。。

タイトルのとおり、「搾取しないNFTクリエイター事務所」を始めます!

なんでやるの?

勘がいい人は気づくと思いますが、NFT市場は、YouTuber市場と似た感じになるかなと思ってます。

少し前の話ですが、YouTuberたちが一斉に事務所を脱退した時期がありましたよね

あれって結局、「よく考えると、事務所に手数料30%も上納する価値なくね?」というあたりが不満になったんだと理解しています。

NFTもたぶん同じ構造になりそうで、

「あなたのNFTの出品を代行します!マーケティング支援もします!その代わり、私に30%ください!報酬は日本円で、一ヶ月後に支払います」

みたいな「事務所ビジネス」がたくさん出てくるかなと。

もちろんそれはそれで短期的に価値があるとも思いますが、なんというか、結局YouTuber市場と同じことになる未来しかない気がしないでもないんですよね……。

やや意地悪な表現になっちゃいますが、「NFT事務所ビジネス」はUUUMの株価みたいな感じになるんじゃないかなと。

--

--

イケハヤです。

仮想通貨、NFTの世界は……驚くほど詐欺師が多いです。

すでに被害もちらほら聞こえてくるので、注意喚起ということで、定番の詐欺手法をまとめました

偽サポート

日本人にとっての「鍋の〆の雑炊」くらい定番な手法がこれ。

ブロックチェーンには「偽物のサポート」が無数にうごめいています。

すべて自動化されており、特定のキーワードを発言すると、すごい勢いで詐欺師が集まってきます

見てもらったほうが早いですね。

先ほどぼくは「Metamask」というキーワードを含むツイートをしました。

即座に、2件の詐欺ツイートがリプで飛んできました。これが、鍋の〆の雑炊です()

フォームも見てみましょう。もちろん偽物です。

--

--

CryptoNinjaのイケハヤです。

これ、事故の予感がするのでブログにもまとめます。

Polygonは「小さな島」です。

まず基礎的なところを話すと……。

イーサリアムブロックチェーンと、Polygonブロックチェーンは、まったくの別物です。

iOSとAndroidくらい違います。

パンと白米くらい違います。

うなぎとドジョウくらい違います。

で!

Polygonに送ったETHを、Poly …

--

--

CryptoNinjaのイケハヤです。

おかげさまで、そろそろ取引ボリュームが100ETHです!

今月はあと5〜6体リリースする予定なので、100ETHは確実にいきますね!ひとまずスタートラインです。

さて。

忍者たちを育てつつ、NFTクリエイターの方からの相談にも乗ってます。1日10人以上、バシバシ返してます。フィードバックした人数も、累計100人は超えたはず。

そのなかで、共通してお伝えすることが多い話を、この記事にまとめますね。

まずはフォロワー数を増やそう!

「どうやったら売れるようになりますか?」

という相談の回答で、もっとも多いのがこれ。

「フォロワー数を増やしてください!」

相談をくださるクリエイターの多くは、フォロワー数が1000人以下です。

ときには、フォロワー30人くらいで「売れないんですが……」と相談してくる人もいます。

いやいや。

厳しいけど……

売れなくて当たり前です……。

気分を悪くしたら、すみません。でも、本当のことなんで。

フォロワー数が少ないということは、それだけ「作品を見てくれる人」も少ない……ということです。

あなたの作品は、どのくらい見られてますか?

view数は、作品のページに表示されています。

--

--

マスターニンジャ、イケハヤです。

「NFT作りたいけど、何作っていいかわからない」

「NFT作ったけど、誰も見てくれないし、いまいち売れないし」

「そこそこ売れてきたたから、話題性のある企画を打ってみたい」

そんなあなたに朗報かも!

二次創作で0.3ETH(10万円以上)稼いだクリエイターも!

タイトルのとおり、CryptoNinjaは二次創作を歓迎します。

そして、CryptoNinjaをモチーフにしたNFTは、OpenSeaなどのマーケットプレイスで販売が可能です!

二次創作の事例をいくつかシェアします。

こちらはYukina-Kitaさんの「Fukigen NFT」における作例です。

--

--

イケハヤです。

絶賛NFTを楽しんでます。

自己紹介的にいうと、ぼくは2018年からNFTに投資をしている割と古株です。

特に「Axie」はリリース直後に触っていて、このとき買ったタマゴは、1000万円くらいの売却利益を出すことができました。今はノーポジです。

(2018年3月のツイート)

今持っているNFTで他に価値があるのは、PancakeSwapのGen 0 NFTですかね。

「Circular」は800〜1000万円程度

5~20BNBくらいでいろいろ買ったので、今売ったらそこそこ利益が出るはず(売りませんが)。

NFTバブルも落ち着いてきたので、ぼちぼちNFT投資を再開しようかなと思ってます。

150人以上の作品をガチで見ました。

で、ツイッターでなんの気なしにこんな募集をしましたところ……。

150件を超えるリプが付きました!日本人クリエイターも、かなり販売始めてるんですね〜。

もちろん、貼り付けていただいた作品は「すべて」見ました。

その上で!!!

みんな売るための「お作法」がわかってないな……と思ったので、偉そうにノウハウをまとめたいと思います〜。

OpenSeaを使おう。

基本的には、よほど強いこだわりがないかぎり、OpenSeaで出品するのをおすすめします

--

--